気ままに歩いて候。

あせらず、くさらず、歩いていきましょう。 2007年5月の連休から始めた区切り打ちの四国歩き遍路の思い出を綴った記事を中心に掲載しています。

お知らせ

高野山へ行ってまいりました

 去るGW期間中(5/3〜5/5)に、高野山に行ってまいりました。四国遍路を無事に終えることができたことへの御礼参りが目的でしたが、それ以上に得るものの多かった旅となりました。


 今年の正月に結願・四国一周を終え、数ヶ月もの月日が経ってしまったものの、前回の旅の続きを歩くのだというつもりで臨んだ高野山行き。正直言いますと、正月の旅の期間中に徳島からすぐにでも高野山に向かいたかったのですが、残念ながらタイムオーバー、そこまでの時間の余裕がありませんでした。四国一周直後に高野山の奥の院を参拝すれば、感動もひとしおだったのに・・・と当時はどれ程無念に思ったことでしょうか。しかし、これも致し方のないことだったのでしょう。休暇時間の限られた勤め人の運命とでもいいましょうか・・・(ちょっと愚痴っぽいですね)。考えてみれば、寒さに弱い自分が極寒で知られる冬の高野山に登ったところで、落ち着いた気持ちで参拝をすることが果たしてできたかどうか?・・・多分、無理だったでしょう。ましてや感動に浸る余裕すらなかったように思えます。そうしますと、此度の暖かい春の時期に於いての高野山行きが結果的には自分にとってはよかったように感じられます。御山の美しい自然にも触れることができましたし、落ち着いた気持ちで御山での日々を過ごすことができました。あるいはこれもすべて、お大師様のお導きであったのかもしれません。ただ、前回の旅との時間がかなり空いてしまったために、「お遍路最後の旅」とするつもりだったのが、なにやら「お遍路番外編の旅」になってしまったような気もしないではありませんでした。四国遍路の旅と高野山への旅は『別物』として区切られてしまったような感じといいますか。まあ、贅沢言っても仕方ないのですが・・・(笑)。


 思えば、正月の遍路の旅を終えてからどれ程高野山に向かう日を夢見たことでしょうか。しかし、この5月に至る期間中には国内では未曾有の大災害が起き、また個人的なことを言いますと体調不良が続き滅多に行かない医者にも通ったりする日々が続いたりで、どうも気持ちの落ち込む傾向にありました。旅への意識も次第に薄れてゆき、「こんな大変な時期なのに旅をする場合でもないだろう」とすら思うようにもなっていました(多分、多くの日本の方がそう思っていたにちがいありません)。ですが、物事は後ろ向きに考えたところで決してよい方向に向かう筈はありません。前向きさを徐々に取り戻しながら再び旅への(それ以外の諸事についてもですが)意欲を取り戻し、再び高野山行きへの想いを振り起こすことができたのでした。



 旅の過程を簡単に振り返ってみたいと思います。


 まずは高野山までの行程ですが、御山入りはあくまで「徒歩」でいこうと決めていました。九度山町の慈尊院から高野山大門までつづく『町石道』は昔から大阪方面からの参拝者に利用されていた街道でした。その距離およそ23km。大阪方面よりつづくもうひとつの街道、参拝者がより多く利用したといわれる『高野街道』(九度山町学文路より高野山女人堂に至る)のほうが距離的には短いようでしたが、参拝道としての色合いが強いとされる『町石道』にどうしても惹かれるものがあり、この道を歩いていこうと計画を立てていました。5月3日の早朝に大阪に到着後に地下鉄に乗り継ぎ難波へ。難波から南海高野線に乗り九度山へ着いたのが午前8時半頃でした。九度山といえば、まず思い浮かべるのは真田庵。関が原の戦いで西軍に与し、信州上田城で徳川軍にさんざん煮え湯を飲ませた真田父子(昌幸・幸村)が後に蟄居生活をおくっていた場所です。個人的には非常に(いや、ほんまに!)興味もあり是非とも立ち寄りたかった場所ではあったのですが、先の行程を考えて今回は無念のスルー。そのまま慈尊院に向かい、本堂と大師堂を参拝後、納経所で道筋をお聞きしたのち、いよいよ『町石道』の山道に脚を踏み入れたのでした。(ちなみに御存知の方も多いと思いますが、慈尊院は御大師様のお母さんが住んでおられた場所です。御大師様は月に九度、御山を下り町石道を歩いてお母さんに会いに来られていたとか。それが「九度山」の地名の由来だそうです。)

 町石道の出発点から高野山の根本大塔に至る道沿いには180基もの卒塔婆の形をした町石が建っていて昔から参拝者の道標の役割を担ってきたようです。現在もそれは変わらず、自分もその町石を眺めながらの長い徒歩行をつづけることとなりました。ひたすら山道を歩き、途中、天野の里といわれる山里を経由しながら、更に急ぎ脚にて山道を進み笠木峠を越え矢立という地に到着したのが午後3時を大きく回っていたでしょうか。そこから大門に至る山道は登り坂のつづく険しい道でした。途中、袈裟掛石や押上石などの大師伝説にまつわる遺跡を眺めたりしながらようよう大門に到達したのが午後5時半頃。慈尊院より歩き始めてから休憩時間などを省くと大方7時間の道のりでした。

 高野山の町に入ると、そのまままっすぐに5日まで御厄介になる宿坊へと向かいました。成福院というその御寺は、大随求明王という仏様を御本尊とする珍しい御寺で、この仏様を御本尊とされている寺院は日本でも3箇所しかないというお話を後にお聞きしました。遅い到着にも関わらず、御寺の若い僧侶の方が温かく迎えてくださいました。これより2泊にわたって、宿坊体験(精進料理や早朝のお勤め・写経など)をさせていただいたのですが、旅館や民宿とはまた違った新鮮な宿泊体験を高野山でできたことは大変よい思い出になりました。続きを読む

「歩き遍路」を終えて

少し遅くなりましたが、皆様あけましておめでとうございます。

まずは近況報告をさせていただきます。昨年の12月30日から年が明けての1月4日までの6日間、年越し遍路をさせていただきました。予定していたとおり、第78番札所郷照寺から第88番札所大窪寺、そして第1番札所霊山寺に至る行程を無事に歩ききることができました。実質的にこれが最後のお遍路の旅となったわけで、4年間にわたった区切り打ち遍路もようやく終了しました。長かったようで短かった4年間。人生という長い時間の中では4年という月日は一握りの時間でしかないかもしれませんが、僕の中ではこの4年間の月日はとても得難い時間だったように思えます。お遍路を通じて得たものは何物にも変え難いものばかりで、これからの人生の月日をどう生きていくべきなのかという「道標」を頂けたような気がしています。なにが本当に大切なことなのか、自分の心の有り様はどうあるべきなのか。いや、もっと沢山のことを遍路の旅は僕に教えてくれました。この4年間の思い出はこれからも僕の一生の宝物となっていくでしょう。この4年間の月日に出会えたこと、御縁があったことに感謝したいと思いますし、その御縁をもたらしてくださった全てのことにも御礼申し上げたいと思います。

今年の冬の四国は雪が多いといわれ、大寒波も到来するともいわれていました。どのような旅になるのかとても心配しておりましたが、僕の歩いた香川県(宇多津町より東)は幸運にも初日の12月30日を除けば、晴天続きの天候でした。気温も極めて寒いというものでもなく、とても快適な遍路の旅をつづけることができました。ただ、第81番白峰寺や第82番根来寺などの山中の札所に至る山道には雪が多く残っており、それなりの苦労は伴いましたが・・・。そして、第88番大窪寺に至る女体山の山道は「雪が多くて危険」という忠告をいただいたこともあって、已む無く諦めざるをえませんでした。これが本当に心残りで今でも残念に思うのですが、迂回路である県道がまだ通行可能だったということを考えれば幸運だったのだと感謝しなければならないでしょう。おかげでなんとか大窪寺に辿り着くことができたのですから。もし県道までもが通行不可の状況であったならば、今回の旅で結願という展開にはならなかったでしょう。女体山越えは2巡目(?)の旅の楽しみにとっておくということで今は納得しております。とにかく、本当によい天候のもとで最後のお遍路の旅ができたということを改めて御大師様に感謝したいと思っております。

大窪寺を打ち終え、第1番札所霊山寺までのルートをどうするかは最後まで悩みました。結局、選んだのが大坂峠越えのルートでした。四国路の中の数ある峠道には本当に苦労させられたものでしたが、同時に愛着のようなものも感じるようになっていたのです。遍路の旅の最後の峠道というものを是非味わっておきたい、そんな想いから大坂峠越えのルートを選択したのでした。大窪寺を出発してから2日間の日程を使って第1番札所霊山寺へと無事に辿り着くことができました。懐かしい霊山寺の山門が見えてきたときは、なにやら自分でもわからない感情が込み上げてきて半分顔が崩れていたのではないかと思います・・・。「泣くことは絶対無い」「通し打ちお遍路さんが抱くような感動は決して無いだろう」とタカをくくっていたのですが、そうじゃなかったようで・・・(笑)。

あの込み上げてきた感情はなんだったのだろうと今でも考えます。達成感や、終わりまで歩かせていただいたという感謝の気持ちもあったでしょう。しかし、それ以上に大きかったのは「これで終わってしまうんだ」という寂しさだったように思えてなりません。全てが終わったわけではなく、まだ高野山への行程も残っていますし、四国への御縁もこれで終わりなどとは露ほどにも感じてはおりませんでした。ただ、「自分の1巡目はここで終わり」なのだという紛れも無い事実と向き合うことで言いようもない寂しさが湧き上がってきたのでしょう。しかし、物事には必ず終わりというものがあります。本当にこればかりは仕方のないことでして・・・。考えてみれば、「寂しさ」というものを感じることができる本当にいい旅を体験させていただいたのだなと思います。「寂しさ」を感じることがあの瞬間無かったならば、4年間という月日は自分にとってなんだったのかと自分に問い詰めることになっていたでしょう。

本当に実りのある4年間だったと思います。四国遍路というものに出会えて本当によかった。

自分を四国に導いてくれたもの。そして、四国路を歩く自分を支えてくださった全てのものに心から感謝申し上げます。本当に、本当にありがとうございました。

そして、次に四国を歩くときが来たならば。なにか少しでもそういったものに恩返しができればいいなと考えています。どんな形でもいい。自分のような人間にでもなにかできることがあるのならば、してみたい。大きなことはできないかもしれませんが・・・。
自分が四国で貰ったかけがえのないものを他の人たちにも伝えること。それも「お四国さん」への御恩返しになるのでしょうね。このブログを綴るということもその一環になるのでしょう。つたない文章ではありますが(そして更新もなかなかままなりませんが・・・)、これからも少しづつ自分が体験したことを綴っていきたいと思っています。よろしくお願いいたします。

本年も皆様にとって、よい一年になりますようお祈り申し上げます。
南無大師遍照金剛

年越し遍路にむけて

『春の伊予路をいく(霊峰・石鎚山へ)』の途中(かなり更新が滞っております、すいません・・・)ですが、近況報告をさせていただきます。

去る10月の連休を使って、また四国を歩いてまいりました。前回打ち止めとなった71番札所弥谷寺から歩き始め、2日をかけて78番札所郷照寺の手前のJR宇多津駅まで歩ききることができました。
この10月の遍路ですが、実は旅に出かける前の時期に仕事やプライベートの面で様々な問題が発生し、気持ちが落ち込んでいた状態でした。加えて体調面も思わしくなく、10年近く前から患っていた腰痛が突如再燃し、歩行すら辛いコンディションに見舞われてしまったのでした。
「こんな状況で遍路ができるだろうか・・・。」「もう今回は中止にしたほうがいいんじゃないか・・・。」と色々考えもしましたが、結局は断行することにしました。かねてから予定をたてていたからでもありましたが、なにより『こんなときこそ、お遍路をするべきじゃないだろうか』というなにやら直感めいたものを感じたことが決行の一番の理由だったように思えます。
気持ちをかためて四国に渡り、実際に歩き始めたときは気持ちもかなりナーバスでしたし、歩くことも困難でした。「やっぱりやめればよかったか・・・」と最初のうちは後悔と焦りの念を持ちながらお遍路をしておりましたが、旅を進めるにつれて、地元の方々や同じ歩き遍路さんなど、様々な方々との出会いがあり、それが僕に歩く力を与えてくれたのでした。これまでのお遍路の旅に於いても、人との出会いには本当に多くの力を頂いてきたのですが、今回の旅ではいつもにも増して『助けていただいた』という感覚が強かったように思えます。
腰痛も比較的に良い状態に変わることはありませんでしたが、ひたすら歩くという行為に体が少しづつ順応してゆき、気がつけばいつもと変わらない歩行をしている自分がいたのでした。痛みは残っているものの、脚が動きやすくなったということはやはり幾分かは改善していたのかもしれません。やはり歩き遍路には「治癒」の効果も多分にあるのだということを身をもって知ることができたように思えます。(ちなみに帰宅後はすっかり腰痛も治まり、普段通りのコンディションで日々を送ることができるようになりました。)
心身共に最悪の状態で決行した10月の遍路の旅でしたが、やはり決行したのは正解でした。あの旅をもし諦めていたなら、更に気持ちは暗い方向にいっていたでしょうし、体も決してよくはならなかったでしょう。全てはお大師様のお導きだったと感謝しています。『お遍路をすぶべきでは』と直感を得たのも、結局はお大師様に、そして四国に呼ばれていたということだったのでしょう。(この旅の経過は、いつの日かあらためて記事にまとめるつもりです。)


そんな10月の遍路の旅から2ヶ月の月日が経ちました。もう今年も残すところ僅かという時期になりましたが、いよいよこの年末年始にかけて最後の遍路の旅に行ってまいります。78番札所郷照寺から最後の札所88番大窪寺へ、そして1番札所の霊山寺までの道程を歩いてまいりたいと思っております。今年の四国は雪が多いとか。また大寒波も到来するということで、どんな旅になることやら、非常に不安はありますが、お大師様のお導きを信じて歩いていこうと思ってます。どんな『終わり』が待っているのか。とりたててドラマチックな終わりを期待しているわけでは更々ないんですけども、まあ自分なりの『終わり』というものがどういうものになるのかという楽しみな気持ちはあります。なにはともあれ、行ってまいります。




《追記》
へんろみち保存協力会代表・宮崎建樹さんの御冥福を改めてここでお祈りいたします。宮崎さんの御遺業を偲びながら、最後の遍路をしっかりと歩いていきたいと思います。



六根清浄

1969年4月20日生まれ

京都市在住
2007年5月から始めた区切り打ち四国歩き遍路も4年目をもちましてようやく結願いたしました。支えてくださった皆様に感謝です。2巡目の構想も視野に入れながら、さらに日本の各地を「歩き旅」で訪れてみたいと考えています。自称『歩き中毒患者』(笑)


my favorite music
最新コメント
訪問者数

登録サイト一覧 次のサイト 前のサイト 登録 ランダム
  • ライブドアブログ