ブログネタ
四国遍路 に参加中!
「人生即遍路」 先日、5月の連休に行った四国遍路の日記をようやく書き終えることができた。僕の「ノート日記」というのは、以前にもお話したことはあるとは思うのだが四国から帰ってからつけているものなので、およそ「日記」と呼べるものには当たらないかもしれない。今回のノート日記は今までにない長いものとなってしまった。ページ数がおよそ240頁、書き始めたのが連休後の時期だったから一月以上もの時間を費やしたこととなる。もちろん、全く書かない日もあったのだが、その分を差し引いても一月は下らない時間を充てたことになるだろう。遍路の回数を重ねるほどにノート日記の文字数はますます増えてきている。どういうことなのか、少し考えてみた。


 四国遍路を始めた頃、時期でいうと昨年の5月・8月あたりまでは全てが新鮮だった。沢山の驚きや感動の連続だった。それ以降になると、少しは遍路にも慣れてきたのか、子供のように目を輝かせながら四国路を歩いた思い出はない。新鮮な衝撃よりも「考えさせられること」がより多くなってきたように思う。一日を通して歩くという行為、殊に同行二人の精神をもって歩くことを通じて、自分の内面を掘り下げて様々な想いが湧くのである。また人との出会いが、「縁」といった日常の世界に於いて聞きなれた言葉の深い意味を身をもって感じさせてくれるのだ。

 四国路で「考えさせられること」は、僕にとってはかけがえのない財産になっている。僅かな思い出や感動も永遠に忘れたくはない、残しておきたい。そういった思いから、ノート日記の文字数は増え続けているのだろう。


 先月の連休に行った遍路の旅は、初めて「修行の道場」土佐の国に足を踏み入れたということもあり、本当に色々なこと感じ、学ぶことができたように思う。それだけに日記はかつてない膨大なものになってしまった。あまりに時間がかかりすぎたために、途中で書くのを諦めかけたときもあった。時間が経てば経つほど、記憶というものは曖昧になってゆくものだ。大まかなことは頭に残っていても、細かいことは忘れてしまう。僅かなことでも書き留めておきたい僕にとっては、記憶をふりしぼりながらのつらい作業となってしまった。どうしても思い出せないこともあった。曖昧な記述で済ませば作業ははかどったのだろうが、「そんな日記やったら、書く意味ないやん」という妥協できない想いがあり、なかなか果果しくいかなかった。そのうちにノートを開げてペンをもつことすら苦痛に思える日々が続くこととなったのだが、毎日少しづつページを増やしていった。少しづつ、いつかはゴールに辿り付けることを信じながら。
 まるで四国路を歩いているかのような時間だった。少しづつページを増やす作業は一歩一歩遠い目的地にむかって進むかのようだった。日々ノートに向かう時間の中でも僕は「同行二人」を体験していたのかもしれない。つらかったけども焦りというものはなかった。いつかは書き終えることができるという確信めいたものが頭に根を張っていたように思う。確信というのか・・・、やはりお大師様が僕を支えてくれていたのかもしれない。つらい時間を焦らずに過ごしていく精神、これは先月の遍路の旅が教えてくれたものである。

 
 あの、ひたすら国道55号線をあるいた日々。「歩く」ということを改めて考えさせてくれた日々だった。

 5月5日は室戸岬を越えて、高知県奈半利町を目指して早朝から日暮れまで歩いた。羽根町にはいり、中山峠を越えた。峠道に一箇所、見晴らしのよい場所があった。この場所には覚えがあって、あるテレビ番組で某卓球選手がここから眼下を見渡して「歩くって凄い!!」と言ったことがある。まさしくここだと思い、同じように眼下に広がる景色を見渡してみた。雄大な太平洋の海原、その左手に見える陸地にはこれまで歩いてきた国道55号線が延々と室戸方面に続いている。遥か遠くに薄っすらと見える陸地・・・、あれが室戸岬。もうあんなに遠くなってしまったのか。

 「歩くって凄い!!」

 思わず口にしてしまったことは鮮明に記憶に焼きついている。小さな一歩、だが積み重ねることによってそれはとてつもない距離となる。


 焦らずに自分のペースで一歩一歩の歩みを重ねること。これは日常の日々においても非常に大切なことなのだということが、言葉や頭だけではなく、本当に身に染みてわかったのだ。目的地に着くことに気をとられ、また目的地をできるだけ遠くにしたいという願望に執着するあまり、ついつい本来の自分を見失って無理に歩みを速めてしまう。「結果」ばかりにとらわれて、周りの景色や人との出会いを疎かにしてしまう。日常の人生に置き換えてみると、そういった生き急ぐ人達は沢山いる。僕もそういう人間の一人だ。ただそういうペースが却って人に遠回りをさせるし、疲労や心労を増幅させる。目指していたものに辿り着いたとしても、「ここまでの歩みはなんだったのか」という虚しさすら覚えさせる。

 只々、無心にありのままの自分を受け入れて歩みを重ねてゆく。まわりの様々なものを無心に受け止めて前進する。それが実りのある「一歩」の積み重ねではないか。室戸岬を越える旅は僕にそんなことを教えてくれた気がするのだ。


 「人生即遍路」。素晴らしい言葉だと思う。歩くことが、また大きななにかを教えてくれるのではないか。次の四国路の旅が本当に楽しみでならない。



 〈しばらくブログを休んでいましたが、今回から復活です!!次回から昨年8月の遍路の話のつづきをまた掲載していきたいと思っています。よろしくお願いします。〉