四国霊場巡礼の旅を全て終えたあの時から、もうすぐ一年という時間が経とうとしている。あらためて時間の早さというものを痛感する。今でも、第一番札所霊山寺の山門に深々と頭を下げて「お遍路」というものに暫しの別れを告げたあの瞬間の出来事は鮮明な記憶として思い起こすことが出来るし、自分を取り巻いていたあの瞬間の景色というものも未だ瞼の奥にこびり付いている。恐らくこの先の人生に於いても尚、色濃く自分の心中に残っていくであろうこの思い出の記憶が、たかだか一年といった時間の経過で色褪せてしまうようなものでないことは重々わかってはいるつもりだ。しかしながら、かくも時の過ぎ行く流れとは早いものであったのかと思うにつけ、ある種の無常ささえ感じるのだ。

『かつて自分は「お遍路」といった“人種”に属していた。』

 今の僕は一年前の自分というものをこういった言葉によって振り返ることができる。“人種”などと、まるで巡礼経験のない第三者的な立場の人間の口から発せられるような表現をいとも容易に心の中に描くことができるようになった。「お遍路」をしていた頃の僕がそんな現在の僕と向き合えばどう感じるだろうか。さぞや寂しさや遺憾の念を覚えるにちがいない。かくいう現在の僕も正直をいえば、心の奥底では同じような感情を抱いている。「お遍路」だった自分は今もなお自身の中に息づいているのだ。いや、それが土台となって現在進行形の自分を作り出しているといってしまってもいい。にもかかわらず、過去の自分をまるで他人のように捉えてしまえるようになった心境の変化の様は一体どうしたものなのか。時間の無常さを感じるのも、そういった事情によるものかもしれない。実のところ、そんな自分の変化を自分なりに分析したくて今回の記事を起こした次第である。


 2011年の1月4日、最後の遍路の旅を終えて帰宅の途についた僕の心の中には、4年掛かりの巡礼を終えた充実感よりもむしろ寂寥感が強く漂っていたことは以前に御報告させて頂いたことと思うが、加えて別の想いもあった。なにかが始まる予感。新しいなにかが自分を待っているような漠然とした予感だ。そして、これまでにない良い年が幕を開けるのではないかという期待感もあった。なにを根拠にそう思ったのかはわからないが、そんな気がしたものである。しかし反面、それは一時の高揚感より生じたことであることも重々承知していた。実際、どんな未来が待ち受けているかなどは蓋を開けてみないことにはわからないものだからだ。
 では、実際はどうであったのか。残念ながら「良い年であった」と諸手を挙げて喜べるような年ではなかったように思える。個人的にいえば、大きな支障となる出来事は起きなかった(体調面の事など細々とした問題はあるにはあったが、ここでは省きたい)ことを思えば、感謝しなければいけない年ではあったと思う。しかし、社会全般に目を向ければ、かつてない大災害(人災も含む)が東北地方を襲い、大きな悲劇にこの国は見舞われた。また、隣の大国の船舶が日本のみに留まらず周辺諸国の海域にしきりに出没するという穏やかならざる事態も起きている。欧州では経済に破綻をきたす国の数が序々に増えている。北アフリカの国々では変革の嵐が吹き荒れ、状況は流動的だ。そして、これは今年に限ったことではないが地震などの自然災害に見舞われる国は後を絶たない。あくまで私見だが、このように主だった出来事を並べて捉えてみれば、なにか社会全体が不安や閉塞感に覆われた憂鬱な一年だったように思われてならない。社会全体がそうである煽りを受けてか、自分を取り巻く環境もまた、どこか閉塞感から抜け出せない空気が濃厚に漂っていた。

 あの、年の初めに感じた漠然とした期待感はなんであったのか。所詮は一時の高揚感でしかなかったのだろうか。
続きを読む