モエ坂の山道1














『モエ坂の山道』


【2010年5月3日】

 星ガ森を出発したのが午後12時20分くらいだった。モエ坂を下り終えるのに1時間ぐらいはかかるだろうと大方の目星をつけてはいたが、ここは敢えて時間のことは気にせず、足元に神経を集中しながら慎重に(それでいて敏捷に)坂道を歩くようにした。やはり予想したとおりの急勾配な坂道だったが、枯葉や枯枝がこんもりと道中に積もっていてクッションの役割をしてくれるためか、とても歩きやすい。下り坂特有の脚(特に踵や膝など)にかかる衝撃が幾分和らいでくれるばかりでなく、微妙な弾力もあって、思ったよりもスイスイと脚が動く。これなら筋肉痛を起こす心配もないかもしれない。「脚に優しい道」といったらいいのだろうか。軽やかに脚が動くと気分も高揚してくる。高揚した挙句、「これなら少しくらいはペースを上げてもいいんじゃないか?」とつい思ってしまうものだが、それはとんだ間違いである。地面はたしかに柔らかいが、なんせ急勾配の下り道だ。甘くみてはいけない。ペースを上げることで、膝の負担は大きくなってしまう。重力に逆らって坂の地面を踏ん張る膝の筋肉の疲労度は、スピードを上げることで大幅に増すことだろう。確実に筋肉痛を起こしてしまうに違いない。そればかりではなく、道には枯葉や枯枝に混じって石コロがあちらこちらに散らばっていて、急ぎ油断して踏みつけたりすると転倒する危険もある。やはり注意が必要だ。適度な緊張感をもちながら慎重に進むことが最善といえるだろう。慌てず、ゆっくりと、ストックを使って体のバランスに気を配りながら坂道を下っていく。

 モエ坂に入ってから10分程経っただろうか。突然行く手に御堂らしき建物が見えてきた。近寄って見てみると、どうやら薬師堂のようである。「こんな人の気配もない山道に、どうしてまたこんなものが・・・。」と思ってしばらく眺めていると、どこからか人の話し声が聞こえてきた。話し声の主たちはこちらに近づいてくるようだ。やがて、2人の熟年男性が薬師堂の陰からひょっこりと現れた。山道とは全くかけ離れた方向から急に出てこられたものだから少し驚いたが、どうやら地元の方のようで、この辺りの地理にも詳しいのだろう。山道以外の小道もよく知っておられるにちがいない。2人とも軽量のザックを背負い、手にはビニール袋を下げておられる。「さー、この辺で飯(めし)にしようか!」と声を掛け合いながらビニール袋の中から弁当を取り出し、薬師堂の縁側に座られた。傍に立っていた僕にもすぐに気付かれて声をかけてくださった。そこで暫しの間このお二人と一緒に時間を過ごしたわけだが・・・、今にして思えば、このお二人との出会いはとても奇妙だったというか不思議な出会いだったように感じる。それは、お二人がどういう方達であったのかということに由来する。薬師堂が建立された云われについて、そして薬師堂を取り囲むこの一帯が実はどういう場所であったのか・・・。それらの事柄に関して、とても所縁(ゆかり)の深い方達であったのだ。そんなお二人とたまたま偶然出くわしたこと自体が不思議な出来事であったように思えてならない。これだけの説明ではこの記事を読んでもらっている人にはなにがなんだか訳がわからないだろう。この出会いのあらましをここに記してしまってもよいのだが、多分話が長くなってしまって、それだけで今回の記事が終わってしまいそうな気もするので、詳しい顛末はまた別の機会にじっくりと記事にまとめようと思う。簡単な形にまとめて、ここに記してしまうのもなんだかとても惜しいように思われるのだ。それほど、個人的には想い入れがあるというか、大変興味深い出来事であったから・・・。ひとしきり、お二人と時間を過ごした後、お別れを告げて薬師堂を出発したのが午後12時40分過ぎ。僅かな時間ではあったが、薬師堂での出会いはとても印象深く今でも強く記憶に残っている。



モエ坂 観音堂
『 モエ坂の薬師堂。弘法大師・薬師如来・不動明王が奉られているが、昔は大日如来が御本尊だったという。現在は横峰寺に安置されているという大日如来像だが、この像にはある伝説が残っており御堂の創建に深く関わっている。その話はまた別の機会に・・・。 』



 モエ坂の山道を更に下っていく。本当にどこまでも急な坂が続き、最初のうちは「脚に優しい道だ」「筋肉痛は起こるまいよ」と思ってはいたものの、時間が経つにつれて、それが全く的外れの考えであったことがわかってきた。たしかに道はわるくはない。昨年(2009年)の夏に訪れた久万高原町の八丁坂(45番札所岩屋寺に至る山道)の終盤あたりの下り坂、そして久万高原町と松山市の境界に位置する三坂峠の下り坂を歩いたときの思い出は、まだ新しい記憶として残っているが、いずれの坂道も歩き辛く、挙句は膝の筋肉を傷めてしまった。それらに比べれば、このモエ坂はまだ「優しい道」だといえるかもしれない。ただ、この時の僕は何時しかモエ坂を下り終えた後のことに気を捕らわれ始めていた。「何時頃石鎚山の登山口に着けるだろうか?」「あまり遅くなってもまずいな・・・」といった小さな不安材料が徐々に歩くペースを速めてしまっていた。慌てず慎重に歩くことに充分注意していた筈であったが、結局は先を案じる気持ちに負けて本来の自分のペースを見失っていたようだ。結果、脚の筋肉にかける負担は大きくなりだんだんと辛くなってきた。「マズイな、今脚を痛めている場合じゃないんだけども・・・」と頭では考えているものの、無意識のうちに脚が勢い良く前へ前へと動く有様だった。辛いんだけれども止められない・・・、そんなジレンマを抱えながらの歩行が続いた。しかし、歩けども歩けども周囲の状況は変わることもなく、何時終わるともしれない急勾配の坂は相も変わらず延々と続いてゆく・・・。「このモエ坂もやはり難所だった!」、そう思わざるを得なくなってきた。地形的な意味合いもあるが、石鎚山登山口へと逸る気持ちがつい生まれてしまう場所なのだという意味も込めての『難所』というわけである。さすがに『修行の道』、厳しいものだと思いながらも、せめて足元の注意だけは怠ってはならぬと意識しながらセッセと坂を下っていく。



モエ坂の山道2






『 途中、杉などの山の木々が進路上に倒れている場所が多々あった。全て歩き易い道であったかといえば、あながちそうとも言い切れない。しかし、四国の遍路道ではこういった場所は珍しくはないので、特には気にならなかった。むしろ、これぞ遍路道!と嬉しくなったりしたものだった。 』

続きを読む