今日は、僕が四国遍路というものに出会うきっかけのようなことについて書いていこうかなと思います。

 「お遍路さん」という人達のことをはじめて知ったのは、たぶん10代のころだったと思います。当時、ドラマなどでとりあげられたりしていて、その頃の僕は「ああ、こういう人達もいるんだな・・・。」と なにげない思いで見ていました。ただ、その異様ないでたち・・・。全身白装束で菅笠をかぶり、杖をついて鈴を鳴らしながら歩いているという・・・。お遍路さんについての知識がまるでなかった僕にとって、その姿は妙に心に焼き付いてしましました。その後、僕の両親が仏事のことは詳しかったので、「こういう人達なんだよ」ということを教えてもらい、四国遍路というのもがどういうものなのかということを漠然とではありましたが、初めて知ることとなりました。

 20代の何時頃だったでしょうか。もう亡くなってしまっていた母方の祖父が、若い頃に四国遍路をしていたということを母親から聞かされました。祖父の思い出は、僕が子供の頃のものしかないのですが、大変信心深い方だったということを記憶しています。祖父の影響もあったのでしょう、母も若い頃から信仰心が厚く、毎日欠かさず般若心経を唱えていましたし、今もその習慣は変わりません。子供の頃から、そういう親の姿を見てきたせいもあり、僕の心の中にも知らず知らずのうちに信仰心のようなものが根ざしていったように思います。今にして思えば、その信仰心のようなものに、今までの人生の時間をずっと助けられてきたように思うのです。
 30代になった頃でしたか。その母が四国遍路をはじめました。バスツアーを利用してのものでしたが、四国から帰ってきた母は生き生きとしていて、その度ごとに行った霊場の様子や体験したことなどを語ってくれました。祖父の足跡を追うという思いもあったようです。「お大師さんとの二人同行やけど、おじいさんも一緒に廻ってくれていると思うから、三人同行やな。」ということを よく言ってました。
 
 そういう母の話を聞いているうちに、四国遍路の世界というものに少しずつ興味が沸いてはいたのですが、実際に自分がやってみようという考えは、その時はありませんでした。もともと歩いて旅をすることは好きでしたし、若い頃は度々やっていましたので、ただ普通に旅行するのであれば「やってみるかな」と気軽に行くということもあったでしょう。ただ四国遍路というものは旅行というような性質のものとは一線を画するものがあります。巡礼の旅であり、修行の要素も多分に含まれている。そうしたものに対して、当時の僕は「ちょっと自分には敷居が高いものなんじゃないか・・・。」という思いがあったのです。遍路の世界というものには興味があるし、どういう世界かみてみたいという気持ちはありましたが、とても神聖な世界だというイメージがありましたし、自分のようなものが足を踏み込んでもいいのかなと思っていました。

 その僕が今年になって、突然といえば突然なのですが、ふと「四国で歩き遍路をやってみようかな」という気持ちになったのです。
 なぜ いきなりそういう気持ちが沸き起こったのか。今にして思えば不思議なことです。
 
 去年あたりから健康を意識してマラソンやウォーキングをはじめていて、休日などを利用してそういうことの延長として何かもっとできることはないかなとは思ってはいましたが・・・。そういったことが関係して四国遍路をやろうと思い立った訳ではないとは思います。なにか不思議な力が自分に働いていたのではないかなと思うのです。それから四国遍路関連の本などを何冊か読んだりしたのですが、ある本の一節に「四国遍路をはじめようと実際に思った方というのは、自分で思い立ったというよりも、実は四国から、お大師さまからお呼びがかかったのです。」ということが書かれていました。
 「ああ、なるほど。そういうことだったのか・・・。」とその時初めて合点がいったというのか・・・。では自分は行かなければならないのだな、という気持ちになったのです。
 もちろん、他にもいろいろな思いがあって、それで「四国に行こう」という気持ちになったということもあるかもしれません。ただ、一番最初に四国遍路をしようと思いついたあの瞬間。頭のなかに「四国」という言葉が浮かびあがったあの瞬間のことは今でも不思議に思います。なぜ「四国」なのか?別に他の場所でもよかったといえばよかったのではないか?こういう感覚というものは本人にしかわからないものかもしれません。「お呼び」がかかったのかもしれないし、なにかの因縁が働いているのかもしれない。なにか大きな力が自分に働きかけているのではないか。そう思いました。

 今年の5月の連休から四国歩き遍路をはじめて、8月のお盆休み、9月の連休とつづけて、今のところ、23番札所薬王寺を残して、ほぼ阿波の国の霊場をまわらせていただきました。まだまだ先は長いですが・・・。今年のうちに、是非もう一度四国に渡って薬王寺まで歩いてみたいと思っています。今まで歩いた四国の旅は、とても大きくて大切なことを僕にたくさん教えてくれました。四国に行って本当によかったと思っています。また、その時に体験したことなどを かいつまんで載せていこうかなと思っています。