番外霊場 星ガ森

『 番外霊場 星ガ森 』


【2010年5月3日】

 横峰寺本堂の傍の石段を下り、納経所の前を通り過ぎると、山門が見えてくる。番外霊場星ガ森へは、この山門を出て500m程の坂を上っていかねばならない。山道が苦手なお遍路さんにとっては、星ガ森という場所は「行ってみたいけど、まだ坂を上らなければならないんだったら、ちょっとねえ・・・」という、いわば『手が届きそうで届かない場所』のようである。横峰寺は標高およそ800mという高地に位置する札所だが、そこから更に上を目指すということになると、気が萎えてしまうのだろう。「もうこれ以上坂を上るのは御勘弁」といった具合に・・・。
 僕も正直なところ、「ちょっと、これ以上は・・・」という気持ちが全く無かったわけでもない。両脚にはまだほんのりと疲労が残っていた。しかし、どうしても星ガ森は見ておきたいという思いが勝ったせいか、500mの坂道を進むことに対しては強い抵抗は感じなかった。 ・・・いやいや、そもそもそんなことを感じている場合ではない筈である。自分はこれから四国最高峰の石鎚山を登らなければならないのだ。僅かな疲労感でどうのこうのと言っているようでは先が思いやられる!

 山門の傍には真新しい立派な休憩所が建っていた。休憩所の入口には飲み物の自販機が一台置かれている。「そうそう、水を買っておかないとな」と、ひとまず休憩所の中へ入る。木製の机とベンチが何台か設置されていて、なんだか居心地もよさそうな場所だった。ベンチに荷物を置き、自販機でペットボトルの水を2本購入したあと、どうにも去りがたい気持ちが湧いてきて、何気にまた暫くの休憩タイム・・・。さてさて一体、横峰寺を出発するのは何時になることやら・・・。
 机の上にへんろみち保存会の地図を広げ、星ガ森より更に先の道筋を確認していると、そこにやや重そうな荷物を背負った若いお遍路さんが入ってきた。まだ20代ぐらいだろうか。しかし、顔には顎鬚が伸びており少しやつれておられる。そのせいか実年齢よりも上の印象も受けるのだが、目元や体つきなどを見ると「あ、まだ若いわ。」と判断できる。「こんにちは」と声をかけたが、淡い笑顔で答えられただけであった。この青年お遍路さん、荷物を見るとどうやら野宿遍路のようである。白衣も少し汚れている。寡黙なタイプのように見えるのだが、実は相当疲れていらっしゃったのだろう。ベンチに座り込みグッタリされている様子を見ていると、あまり話しかけるのも悪いような気がした。本当は色々とお話を伺いたいんだけども ・・・。一昨年の暮れに行った年越し遍路で野宿遍路さんと旅を御一緒したことがあったが、それ以来、『野宿遍路』というもの(旅のかたち・お遍路さんの人間性)に妙に惹かれている。自分達のような宿泊まり遍路とは、また違った視点で旅をつづけておられるように思われるのだが、その「視点」に興味が湧くのだ。
 悪いとは思いながらも、我慢できず話しかけてみた。「野宿されてるんですか・・・?」「・・・ええ、まあ。」といった具合で会話が進みだした。口数こそ少ないが、しみじみと旅の経過を語ってくださる。「・・・『通し』ではないんですけどね。歩けるだけ歩いて、気持ちにキリがついたところで打ち切るかんじで。これで3度目の旅になります・・・。」意外なことに区切り打ちのお遍路さんだった。彼のもつ雰囲気から、勝手に通し打ちお遍路さんだろうと思い込んでしまっていたのだが・・・。それにしても「気持ちにキリがついたところで区切る」というのも羨ましい旅のかたちではある・・・。その後も彼とは暫し会話を楽しんだが、彼も疲れているようだったし、僕もあまりのんびりとはしていられない状況だった。名残は惜しかったが、キリのよいところで彼に別れを告げる。
「石鎚山ですか・・・。頑張ってくださいね・・・。」
 最後に彼が言葉をかけてくれた。こうして、休憩所を出て、ようやく横峰寺の山門を出発した。時間は既に午前11時40分を過ぎていた。横峰寺にはなんと2時間近くも滞在していたことになる。のんびりするにも程がある!!と言われそうだが、よい出会いもあったことだし、そしてなんといっても御寺の空気が良すぎた・・・!まあ、たまにはこんな幸せな時間をゆっくり過ごすことがあってもよいではないか(笑)。ちなみに野宿遍路の若者とは、後日、旅の最後で再び顔を合わすこととなる・・・。


横峰寺 納経所付近の様子





『 納経所と付近の様子 』


 山門を出てすぐの場所に石標が建っており、「番外霊場星ガ森580米 三教指帰(伊志都知能太気)石峯御修行之道」と文字が刻まれている。伊志都知能太気(いしづちのたけ)とは、弘法大師空海が24歳の頃に書かれた『聾瞽指帰(ろこしいき)』という書物の中に出てくる現在の石鎚山の古い呼び名である。若き日の御大師様は、横峰寺を拠点にして石鎚山を修行の場とされ、度々入山されたそうである。ちなみに横峰寺が開かれたのは西暦651年、御大師様誕生よりも123年も前になる。(以上『四国遍路ひとり歩き同行二人解説編 へんろみち保存協力会編』参照)
 四国霊場最大の難路「修行の道」がここから始まるのだと石標は教えている。少し身の引き締まる気持ちにもなったが、お堅く構えてみても気が疲れるばかりだ。のんびりと坂道を登っていくことにする。なだらかな坂道に2本のストックを左右交互に突きながら進む。脚の疲労はもうかなり癒えていた。木々の匂いを感じながら、気持ちも新たに歩を進めていく。


横峰寺山門付近の道標 横峰寺山門より坂道を進む







『 山門を出るとすぐに目に入る道標。「修行の道」はここから始まる。山門から星ガ森へつづく坂道は大してキツい道ではないので、ここまで来たからにはやはり歩いてみるほうがよいと思います。 』

 
 僕が星ガ森を憧れの地と感じた訳は、ある写真がきっかけだった。写真を見るまでの僕は、星ガ森がどういう場所なのかという簡単なあらましを知っていただけに過ぎなかった。興味はあったが、憧れを抱くほどの感情はまだ持っていなかっただろう。そのきっかけとなった写真はたまたまネットで拾ったものだった。本当にごく普通に霊場の様子を映し出していたものにすぎなかったのだが、妙にその写真に魅力を感じてしまったのだ。江戸期に建てられたあの有名な鉄の鳥居の佇まい、そしてその向こうに聳え立つ石鎚山の悠然とした姿・・・。星ガ森のごくありふれた観光写真であったろうし画像も粗いものだった。しかし ・・・。「エエな!!」「この場所に、はよいきたいな!!」と、異様な感動を覚えてしまった。今になってみても、何故この写真に感動したのかが、わからない。ひょっとすると、目に見えない何かしらの力が写真を通じて導きを与えてくださっていたのかもしれないが。まあなんにせよ、ひょんなことから湧き上がったこの『憧れ』の気持ちが、この先の旅を進めていく上での非常に良い材料となったことは確かである。高いモチベーションで「修行の道」に脚を踏み入れていくことができたからだ。

  件の星ガ森に着いたのが、午前11時50分くらい。横峰寺の山門を出発してから大した時間はかからなかった。道の左手に「霊跡星ガ森 横峯寺奥の院」と書かれた絵看板が見えてくる。そこで、ひょいと左に視線を移すと、何度も写真で見たあの光景が・・・。「本物だ、あの景色が目の前に広がっている!!」と心の中で唸ってしまった。まさにあの写真と同じ景色である。天候も晴天だったので、鉄の鳥居の向こうには石鎚山が悠然とした姿を見せていた。なんというのか、有難い気持ちが湧いてきた。自分はこの場所が最も映える時に来ることができたのではないだろうか・・・。とても運がよかったのだと感じると同時に、これが「御導き」だとしたら本当に、本当に有難いことだと感謝の念が湧いてきた。


星ガ森 絵看板星ガ森で記念撮影







  『 星ガ森の絵看板 』                『 鳥居の傍で記念撮影 』


 鉄の鳥居はイメージしていたよりは、サイズが小さかった。この鳥居は寛保2年(1742年)に建てられ、昔から「石鎚山発心の門」として崇められてきたそうである。「門」と呼ばれるからには、もうすこし大きな、少なくとも自分の背丈以上のサイズを勝手に想像していたのだが、随分と小柄な佇まいに少し意表を突かれた感もあった。しかし、歴史を刻んだ風格というか貫禄のようなものは充分に感じとることができたと思う。

 その鳥居の傍に座りながら静かに石鎚山を眺めている男性がいた。邪魔をしてはいけないと思ったので、声もかけずにソロソロと鳥居に近寄り男性と同じく石鎚山を眺めていると、僕の気配に気付いたのか男性が後ろを振り返り、「やあ、こんにちは・・・」と声をかけてくださった。それから暫し、この男性と談笑する。こんないい日和に最高の景色に出会えたことをお互い喜びながら和やかに会話が弾む。50代とおぼしきこの男性、軽装なところを見ると車で横峰寺に参拝に来られたようである。「お車ですか?」と訊ねると、「そうそう。僕は山道は苦手なものでね。とてもじゃないが、山道を登ってくるようなマネはできないですね・・・。」とおっしゃる。つづけて、「でも・・・、星ガ森はどうしても見ておきたかったんでね。寺からここまではそう距離も無いようだったから。・・・来ちゃいましたね。」と穏やかな笑顔を浮かべられた。「ですよねー。やっぱりここは見ておかないと絶対に後悔しますよねえ。」と、なんだか『同士』を得たような気持ちになって僕も上調子で言葉を返した。「歩きですか?」と聞かれたので、そうだと答えると、興味深い話をされた。
「実はですね。僕の家内が今現在、『歩き』をやってるんですよ。・・・そうですね、家内は歩き遍路なんですよ。以前から四国霊場には興味を持っていたようで、いつかは回ってみたいと言っていました。でも、どうせ回るのなら『歩き』がいいと・・・。僕も一緒にどうだと勧められたんですが、どうも『歩き』には自信が無かったものでオレはいいよと・・・。そしたら、自分独りで回ってみるというんですね。家内が余程の歩き達者なら、僕も笑って送り出せるんですけどもね。決してそういうタイプじゃない。やっぱり心配なもんだから、『じゃあサポートするよ』ということになって・・・。車で家内の『歩き』に付き合っているわけなんです。」
つまりは、奥さんの歩き遍路の旅に車で追いつ抜かれつしながら付き添いバックアップされているということらしい。「じゃあ、今も奥さんはこの辺りを歩いておられるわけですね?」「そうなんです・・・。区切り打ちでの巡礼ですが、家内が四国に渡るときは車で一緒に四国に渡って、それから『歩き』と『車』に分かれるという方法で今までやってきました。『歩き』で旅をしていると、時々夕方までに目的の宿まで着き辛いという場合があるでしょう。そういう時に家内がこちらに連絡を入れて、僕は車で家内を拾って目的の宿まで連れていくという・・・。まあ例えば、そんな風にしてサポートしています。」
おおっ!!なんという連携プレイであろうか!!そして、なんと仲の良い御夫婦なのだろう・・・。これまで、一緒に歩いたり車で回られたりされている夫婦遍路の方を多くお見かけしてきたが、こういう形で一緒に旅をされている方達を見る(お会いしたのは旦那さんだけだったが・・・)のはこれが初めてだった。こういう旅のかたちも大いにあって然るべきものではないだろうか。温かいお話に少し感動してしまった。
 その後も石鎚山を眺めながら、会話は進む。本当に、この星ガ森から眺める石鎚山の姿は雄大で美しい。横峰寺を開かれた役の行者様は、この地で石鎚山に向かい合い、蔵王権現を感得されたという。その謂われが、なんとなくわかるような気がした。御山の姿はまさしく神のように思えてくるのだ。「本当に凄い山だね・・・。本当に高い・・・。あんな山登れって言われても、ちょっと登れる代物じゃないよね・・・。」と男性が口にされたので、つい、「・・・・実はこれからあそこに登りに行くんです。」とポロリと言ってしまった。「ありゃ・・・。それはそれは・・・。」と男性もなんとも言えない表情をしながら、「まあ、なんとかなりますよ!いけますよ!」となんとか励ましの言葉をかけてくださった。少し呆気にとられた御様子だった。車遍路の方やツアー遍路の方から見れば、僕がこれからしようとしている行為は途方もないような行為に映るのかもしれない。ただ、歩き遍路の方には理解していただけるような気もする。やってやれないことではないといった按配で解ってもらえるとは思うのだ。しかし、『歩き』ではないお遍路さんにとってみては、「なんでそこまでやるのか・・・」「ちょっと次元が違う」と思われてしまうような気がする。車遍路の方でも、過去に一度でも『歩き』を経験された方なら、わかってもらえるとは思うのだが・・・。未経験の方にとってみては、遍路道を歩くことですら大変な行為に映るようなのだが、ましてや本来の遍路道のコースとは関係のない山を登るとなると、大変な行為を通り越して物好きな行為に映ってしまうのではなかろうか・・・(偏った見方かもしれないが)。だから、ここまでは歩き遍路の方にだけは石鎚登山の話は打ち明けてきたのだが。
 まあ言ってしまったのだから、仕方がない。励ましの言葉も頂いたのだから、それはそれで有り難く受け止めなければならないが、なんだか最後で見えない意識の壁のようなものができたまま、お別れしなければならなくなったというのが少し残念だった。「では、お気をつけて。頑張って下さい。」「はい・・・。奥様にもよろしく、お気をつけて・・・。」坂道を下っていく男性を見送ると、また鳥居の傍に戻り石鎚山を眺めながら考えた。「あの山を徒歩で登るのは、確かにある意味、物好きな行為なのかもしれへん・・・。」いっそ、やめてみるか・・・。今やめるのもアリかもしれない・・・。冗談まじりにそんなこともふと思ったが、言わずもがな、元よりそのつもりはない。どうしても挑戦してみたいのだ。それも遍路の旅の中で・・・。しかし今となってみると、そうしたいという願望よりも、そうしなければならないという感覚のほうが僕の中には強くあった。何故、そうしなければならないのか。それがはっきりとはわからない。山に呼ばれているのか、なにかに導かれているのか・・・。陽としてわからないのだが、それもあの山に向かえば何れはわかることなのかもしれない。

 独りになり、改めて辺りを見回してみる。平たい石を整然と積み上げて造られた小さな御堂(と見ていいだろう)の中に、大師像が鎮座している。いつ頃から、ここに設置されたものだろうか。その周りには、いくつかの小さな石仏が見られる。過去にここを訪れた方達が奉納されたもののようだが、かなり古いもののようなので、おそらく江戸期か明治期あたりに奉納されたものと考えればよいだろうか・・・。これらの石仏も、御堂の大師像と共にここより石鎚山を目指したお遍路さんや修行者達を長い間見守ってこられたことだろう。一体、幾人もの人達がここから「修行の道」に脚を踏み入れただろうか。この地を発つということは現在を生きる僕らには想像がつかないような覚悟が必要だったに違いない。



星ガ森 石仏と石碑星ガ森 大師像が祀られた御堂







『 平石を積み上げて造られた御堂。左は六地蔵(?)とおぼしき石仏が、右は大師像が安置されている。いつ頃造られたものかはわからないが、石の積み方の精巧さには驚かされるばかりだ。 』



 昔の人には到底及ばずながら、それなりの覚悟の気持ちを持って、この地を出発することにした。荷物を背負い、霊場脇の小道を進んでゆく。モエ坂と呼ばれる山道の入口である。このモエ坂を下り、加茂川という河に沿って通る県道142号線に出たのちに、石鎚登山道口のある河口(こうぐち)という地を目指す。ただこのモエ坂、かなり急勾配で厄介な山道のようだ。地図で確認したところ、その距離はおよそ3kmでさしたる長さではないように思えるのだが、出口にあたる県道の通る場所と出発点の星ガ森との標高差は550mほどで、短い距離で一気にそれだけの標高差を下るとなると、それはもうハードな行程になることは容易に想像できる。
 まずは、この山道を無難にクリアすることだ。短い距離なのだから、下り道なのだから、『ここで時間を稼いでおかないと』と考えペースを上げて進むのは愚の骨頂だろう。急いだ挙句に怪我をしたり筋肉痛を起こしてしまうと、その先の石鎚山道を進むことは困難極まることになるだろう。いや、最悪の場合は登山を中止することも考えておかねばならない。甘い覚悟で登山道に入ることは危険な行為である。なんとしても、ベストなコンディションを保ちながら登山口に辿り着かねば・・・。

 2本のストックを使いながら、慌てず慎重に坂道を下っていく。「修行の道」へと、いよいよ本格的に脚を踏み入れたことになるのだろう。ひたすらに急な角度の下り坂を進みつづけることは肉体的に負担がかかる「修行」となるわけだが、慌てず急がずコツコツと歩を進めることもかなりの忍耐が必要となってくるわけで、それは精神を鍛える「修行」となる。時間的な概念や雑念ばかりに囚われていれば、いつかは脚元をすくわれることだろう。災厄を遠ざけるには、どうしていけばよいのか?どういう心境で進んでいけばよいのか?つまりは慌しい日常をどういう気持ちで生きていけばよいのか?そんな問いかけをグサリと心に投げかけてくる「修行の道」の道中がいよいよ始まった。


星ガ森からモエ坂へ出発



『 星ガ森から道標に従ってモエ坂へ入っていく。ここから先へ進むお遍路さんはごく稀だろうと思っていたのだが・・・。 』