石鎚山頂の景色

 5月2日から5日にかけての連休に、また四国に行ってまいりました。今年初めての遍路の旅でした。

 区切り打ち歩き遍路の旅も今年で4年目。今回の旅で四国に渡るのは15度目となります。伊予の国菩提の道場の行程も残すはあと僅かというところまで漕ぎ着けたわけですが、此処に至るまで本当に長かったという気持ちがある反面、なんだかアッという間だったという心境のほうが実は強いわけでして、このままストレートに香川県に入り結願を目指して進むというのもなんだか味気ないとすら思うようになりました。もう少し時間をかけて、ゆっくり進むのも悪くはないんじゃないか・・・。ならば、これから先は番外・別格と全ての霊場を可能な限り回ってみようじゃないか・・・、と考えるようになったのです。まあ早い話が、遍路も終盤戦に差し掛かってきてどうにも寂しくなってきたということなのでしょう。

 その「ゆっくり進む」遍路の旅の足掛かりとなったのが今回の旅でした。旅の出発点は前回の打ち止め地点の愛媛県西条市丹原町。そこから4日間という時間をフル活用すれば、恐らく最終日には県境を越え香川県に入ることも或いは可能だったかもしれません(微妙なところですが・・・)。でも、「ゆっくり」遍路を目指す僕の頭には香川県入りの考えは無く、むしろそれより以前からやっておきたかったことを必ず成し遂げたいという想いがあったのです。それは石鎚登山でした。

 石鎚山は標高が1982mもあり、四国はもとより西日本の中では最高峰の御山と言われています。その昔、弘法大師も六十番札所横峰寺を拠点に度々山に入られて修行をなさったそうで、山頂の石鎚神社は番外霊場とされています。個人的にはこのような御山を前にして素通りすることはどうにも心苦しいというか・・・。いや、それよりもむしろ個人的に挑戦してみたいという気持ちが強く、背中を向けて先へ進むことは逃げることになりはしないかと思ってしまったわけです。実は昨年の夏に四十五番札所岩屋寺を訪れた際にも、石鎚山に向けての想いはあったのでした。しかし、碌な登山経験も無い当時の僕は御山に登る自信も無く、また具体的な計画も立ててなかったので、残念ながら背を向けて松山への道を進むしかありませんでした。

 今回の旅を迎えるにあたって今度こそ絶対に石鎚山に登るんだという気持ちは持っていましたので、春に入ってからというものは歩くトレーニングに加えて近隣の山に登っては体を鍛えてきました。登山用のストックも購入しダブルストックを使っての歩行も練習を積んで、更には新たにザックを買い換えたりと・・・。基本的に物臭な自分が我ながらよくまあここまでやったもんだとも思うのですが・・・。その甲斐あってか(全ては御大師様の御導きだったと思います)、旅の日程の中2日を使ってなんとか石鎚山の山頂まで上りきることができました!

 今回の遍路の旅のメインは石鎚登山ではありましたが、札所のほうも順調に六十番から六十四番を打ち終え、最終日には別格の延命寺まで歩くことができました。旅の期間は有難いことに最後まで晴天に恵まれ、さらには多くの良い出会いにも恵まれて、本当にいいお遍路ができたと感謝しています。

 旅の経過を簡単に(?)ではありますが、振り返ってみたいと思います。



【2010年5月2日】

 四国入りしたのが、前日の5月1日。新幹線と予讃線を乗り継ぎ、JR伊予西条駅へ(到着が午後10時半過ぎ)。予約していた駅前のホテルで一泊、翌朝予讃線に乗り前回の打ち止め地点に近いJR壬生川駅に向かう。


 壬生川駅に着いたのが午前8時過ぎ。駅で遍路姿に着替え、いよいよ歩き始める。背負う荷物は少し重めとなった。昨年も一昨年もそうだったが、5月の遍路はいつも荷物が重くなってしまう。「まだ夜は寒くないだろうか」「急に暑くなったら着替えがいるだろうな」、そんな気の迷いが無駄な荷を増やしてしまうのだろう。荷物の重みは迷いの重みと教えられたことがあるが、全くそのとおりだ。最終日までこの重みと付き合っていけるか不安が募る。


 県道48号線を南西に進むことおよそ1時間、前回の打ち止め地点の丹原町池田の交差点にたどり着く。8ヶ月振りの遍路の旅が今ここから始まるのだと思うと感無量だった。

 この日は札所六十一番から六十四番までを打つ予定だった。加えて別格十一番の生木地蔵と番外霊場の妙雲寺も回る計画だ(別格十番興隆寺も回りたかったが、時間の都合上諦めた)。六十番札所横峰寺は翌日にまわすつもりだった。横峰寺を経由して、石鎚山に入る予定を立てていたのだ。


 県道から2筋東の通りを南西へ進む。県道との交差点付近(結局、そのまま県道を進んでいればよかったのだが・・・)に別格霊場生木地蔵・正善寺はあった。まず目を惹くのが、向かって本堂の左の巨大な霊木だ。元々は本堂と大師堂の間に立っていたらしく、その昔この地に立ち寄られた弘法大師が「お告げ」を受けて木の中に一体の地蔵菩薩像を一夜にして刻まれた伝説が残っている。昭和29年の台風で霊木は倒れ今の位置に収められたそうだが、地蔵菩薩像は不思議なことに一片の傷もなく現在は本堂に安置されている〈立札の説明書きを参照〉。本堂・大師堂と参拝を終えたあとで、しばらくは圧倒的な迫力を持つ霊木に見惚れ時間を忘れてしまう。

生木地蔵の霊木  





【 生木地蔵・正善寺の霊木 大楠 】


 県道を左折し、東へ進む。晴れた空の下、穏やかな田園地帯を歩きながら彼方の山並みを眺める。幾多の山々が折り重なり居並ぶ雄大な様を見るにつけ、どれが石鎚山なのかと気になった。「一番高いのがそうだろう」と目星をつけてはみるものの、はっきりした自信も無い。諦めて今いるこの時間と景色を楽しむことにしながら進む。

 中山川に沿って県道149号線を北東へ。石鎚橋という橋を渡り県道147号線に入る。道
なりに東へと歩き、途中コンビニで休憩をとりながら更に進むと石土神社という神社の鳥居が見えてくる。一際目を惹くのが、神社の傍に立つ巨大なコンクリート製の灯籠。建立が昭和六年という年代物で国の有形文化財に登録されているという。ふと昨年、大洲の町を訪れたときにも大洲神社の石段の手前にバカでかいコンクリートの灯籠が立っていたのを思い出した。あの灯籠の建立もたしか昭和の初期ではなかったろうか。戦前の日本社会に於いて神社というものが人々の間で如何に存在意義の大きいものであったかを改めて思いしらされた気がした。

石土神社の記念灯籠石土神社の記念灯籠2












【 石土神社の式年祭記念燈 1931年建立 】



 石土神社の隣が番外霊場妙雲寺、静かで趣きのある御寺だった。参拝後、通りへ出て南の方角を眺めてみる。この道をこのまま南へ進めば六十番札所横峰寺に行き着くのだ。程近くに松山自動車道が通り、その先に高い山が聳えているのが見える。「明日行く場所はあそこか」と暫し通りの真ん中に立ちながら腕組。横峰寺、そして憧れの地である星ガ森はあの山にあるのか・・・。ちなみに石鎚山はこの場所からはちょっと確認しずらかった。
 

 妙雲寺を出発。元来た道を戻り、国道11号線に入る。国道を東に向かい六十一番札所香園寺を目指す。時間は正午近くになり、気温もじわじわと上がってきた。日陰の少ない車道には真夏のような日差しが容赦なく降り注ぐ。ザックを背負う背中にはじんわりと汗がにじむ。何気に、「これぞ遍路だ!」と、暑さもそこのけの嬉しさが込み上げてきた。今回の旅で巡礼に心も身体も慣れ始めてきたのはこの時あたりからだったろう。


 国道を進むこと、およそ30分。右手に「61番札所香園寺 奥之院白滝」と書かれた白い
看板が見えてきた。看板の下のほうに描かれた赤い矢印はここから右折するよう指示を出している。右折し、白滝奥之院を貫けて更に進めば横峰寺に到達する筈だ。明日、横峰寺に向かう際に通る道はこの道になるのだろうかと右手の細い車道を眺めつつ、尚も国道を進み香園寺を目指す。


 しばらくすると、行く手に大きなスーパーの建物が見えてきた。そこから国道を離れ右手の車道に入る。スーパーからの買い物帰りの地元のおばちゃん達と挨拶を交わしながら歩いていると、一人のおばあさんに声をかけられ香園寺への近道を教えていただいた。

 青々とした麦畑の向こうに香園寺の本堂が見えた。四角い近代的な建物である。噂には聞いていたが・・・、かつて此処を訪れたお遍路さん達が大方感じたであろう異様な違和感のようなものを僕も感じずにはいられなかった・・・。
 午後12時40分、香園寺に到着。参拝手順に少々戸惑いを覚えながらも、なんとかクリア
する。本堂2階大広間に鎮座する大日如来像は恐らく京都の東寺(教王護国寺)の金堂の大日如来像を再現したものだと思われるが(お姿がどことなく瓜二つのような気がしたのだ)、とても美しく威厳に満ちていた。この先の旅を見守ってくださるよう手を合わせた。


 その後、六十二番札所宝寿寺と六十三番札所吉祥寺も順調に打ち終える。宝寿寺は少し小さめな御寺で、その様子が秩父霊場の札所の御寺を思い出させた。

吉祥寺 成就石解説




『 吉祥寺には成就石という不思議な石があるそーな・・・。』



 吉祥寺を出発し歩くことおよそ40分、石鎚神社に到着。この神社が石鎚神社の本社である。石鎚神社とは、石鎚山中腹の成就社・土小屋遥拝殿・山頂の頂上社・本社の4社の総称だそうで、此処本社が石鎚信仰の中心地であるようだ。今回、石鎚山を目指す僕にとってはこの場所は素通りは許されぬ場所であった。本殿へ参拝したかったのだが、さすがに本社だけのことはあって社の規模も大きく境内もかなり広そうだった。本殿は境内の奥にあるようで、入口の鳥居から本殿まで行き再び戻ってくるまでにはかなり時間がかかるように思われた。時刻は午後4時10分を過ぎていた。「ひとまず今日のところは、前神寺を打ち終えたい・・・。」考えた末、石鎚山下山後に必ずまた此処を訪れ改めて参拝することに決めた。鳥居に向かって頭を下げ、今は素通りせざるをえないことを神社の神様にお詫びする。

石鎚神社 入口鳥居2石鎚神社 入口鳥居







【 石鎚神社の鳥居・右は国道沿いに建つ大鳥居 】


 六十四番札所前神寺は石鎚神社のすぐ隣といって良い程の距離にあった。そもそも、この前神寺は昔は石鎚神社の位置にあったらしい。(明治の御世の神仏分離政策により一時は廃寺になった。明治11年に「前上寺」の名で再興を許され明治22年に今の「前神寺」の呼び名を許された。〈入口の説明書きより〉)
 山号も「石鉄山(いしづちさん)」とつけられているだけあって、石鎚神社とも馴染みが深
いようだ。(石鎚山東の遥拝所とされ、石鎚派修験道の総本山とされている。〈入口の説明書きより〉 ちなみに石鎚山中腹の成就社近くには奥之院の奥前神寺がある。)
 境内奥の本堂、つづいて大師堂を参拝した後で、本堂手前の石段を上がった場所にある権現堂へ。明日の石鎚登山の安全を蔵王権現様に祈願した。


 なんとか午後5時までに納経を済ませ、この日の日程を終了する。宿は小松の町にとっていたため、電車を使って小松に向かうことにした(JR小松駅は六十二番札所宝寿寺に近く、逆戻りをすることになる)。最寄の石鎚山駅に到着後、電車が来るまでに時間があったので荷物を置き休んでいると、そこに二人連れの熟年遍路さん達がやってきた。この方達は根っからの歩き遍路というわけではなく、距離が離れた札所間などは電車などを使って移動されているという。この日は六十番横峰寺から六十四番前神寺までは徒歩で回られたということだ。「横峰寺への道はきつかった。帰りは奥之院白滝のほうに出る道を通ったけれども、あれは行き(妙雲寺から県道147号線を進まれたようだ)よりもしんどい道だったね。」と山道の詳しい様子を教えてくださった。お二人はこれから電車で伊予三島駅に向かい宿をとられるのだとか。そうこうしているうちに松山方面の電車が到着、お二人に別れを告げて電車に乗り込み小松に向かう。


 この日の宿のビジネス旅館小松は、小松駅からは歩いてもほんの数分の場所にあった。本館は部屋が塞がっているようで、そこからかなり距離を隔てた別館へと案内される。「申し訳ありませんが、相部屋ということで・・・」と宿の方がおっしゃったのだが、その本当に申し訳なさそうな御様子には逆にこちらが恐縮してしまう。僕ら歩き遍路にとって相部屋などは慣れたものであるし、ましてやGW中だ。泊まる場所があるだけでも有難い、そう思っているくらいなのだ。

 部屋に荷物を置き、夕食を摂るために再び本館へ。広い食間は沢山の宿泊客で大賑わいだった。お客の殆どはお遍路さんであろう。ガヤガヤとあちらこちらで遍路話に華が咲いている。そんなお客の間を宿のおばさん達がフウフウ言いながら忙しそうに立ち回っていらっしゃる。僕の席の隣にはかなり年配の歩き遍路のおじいさんが座っていらっしゃって、周りの方々と楽しく遍路話をされていた。「あなたも歩きか?」と声をかけてくださったので、しばらく談笑する。おじいさんはこの日に横峰寺を打たれたということだったので、「僕は明日、横峰寺に行く予定なので」と言いながら詳しい山道の様子を教えていただいた。先に会った二人連れの熟年遍路さん達の話やおじいさんの情報を合わせて考えるに、かなりきつい道中になることが予想された。ただでさえ横峰寺までの道中は辛いというのに、明日自分は横峰寺を経由して石鎚山に入るつもりでいる。モエ坂という急な坂を下り河口という場所に出て、そこから今宮道という山道を登って石鎚山成就社へ向かうという計画。果たして今の自分にそれだけハードな行程をクリアできる体力はあるのだろうか・・・?かなり不安になってきたが、それでも自分で一度決めたことを覆す気も更々無かった。腹を据えるしかないのだ。頑張ろう、おじいさん遍路のパワーに負けてはいられない!

 部屋に戻り入浴を済ませ一息ついていると、相部屋の方が本館から戻ってこられた。60代後半の年配の方でかなり気さくで優しげなお遍路さんだった。なんとこの人はこの日は今治からここまで歩いて来られたのだという。なんという健脚だろうかと脱帽しながらお話を窺っていると、更にもう一人、相部屋の方が戻ってこられた。この方は30代か40代はじめくらいの年齢の方で僕と同世代のようだった。相部屋のメンバーは僕を含めてこの3人である。お互いが歩き遍路同士、打ち解けあうのに然程の時間はかからなかった。遍路話で盛り上がるうちにあれよあれよと時が過ぎる。

 同世代のお遍路さんはこの日のうちに横峰寺を打たれたとのこと。早速、道についての情報を色々訊ねてみると、なんと近道があるのだという。白滝奥之院を経由する道まで行かなくても、小松に近い場所から横峰寺を目指すルートがあるそうなのだ(このルートは旧版のへんろ道保存会の地図には記載されている)。年配のお遍路さんも明日横峰寺に向かう予定だという。一緒に出発したいところだが、翌朝は早出するつもりだったのでそうもいかなかった。しかし、この健脚のお遍路さんなら恐らく僕に追いつくのは造作もないことだろう。「明日はきっとどこかでお会いできる筈です」「そうだといいですね・・・」そんなことを話しながらお互いの健闘を祈った。

 その後も3人の遍路話は果てしも無くつづく・・・。かなり「いい雰囲気」だったために、隣の部屋のお客さんには随分迷惑をかけていたかもしれない(今になって悔やまれるが・・・)。

話は尽きなかったが、明日の事もあるのでキリのよいところを見計らって皆で床に就く。



 こうして、初日は無事に幕を閉じ、いよいよ試練の二日目を迎える。さてさて、どんな日に
なるのやら・・・。