2008年12月31日 真念庵(その3)


真念庵
【 真念庵 地蔵大師堂 】


 狭い山道を抜けると、石仏や墓石が立ち並ぶ拓けた空間が現れた。

 (ああ…、此処が…。)

 左手には御堂が見える。まさしく此処が真念庵に違いあるまい。時間はもうすぐ正午になろうとしていた。人の気配は無い。ただ、鳥のさえずりと風にそよぐ木々の葉の擦れ合う音が聞こえるのみである。

 御堂の前には三段の緩やかな石段があり、その石段を若い木々が取り巻くようにして立っている。石段には塵ひとつ落ちている様子もなく、常に近在の方々によって綺麗に掃き清められていることが窺われる。石段や若木が我々参拝者を優しく出迎え、御堂へと誘ってくれているようだった。

 石段より少し離れた場所に荷物を降ろし、改めて辺りを眺めてみる。細い道を挟んで御堂に向かい合うようにずらりと立ち並ぶのは四国霊場八十八札所の御本尊を刻んだ小さな石像群だ。蓮の葉のような形をした石が背中を向かい合わせにして二列に分かれて八十八個並んでいる。それぞれに御本尊の御姿・御名が彫られているが、どの石にも苔が張り付いていて文字などが判別しずらいものもあった。しかし、どの御本尊のお顔も穏やかで優しく、心癒される。永い歴史を生きてきた石像だけに消耗著しいものもあったが、そんな物理的な現象などは小さなことだと御本尊達の御顔は語りかけてくれる。苔に覆われている自らの御姿も笑って受け入れておられるようにも思える。そんな泰然自若とした石仏の様子を拝見していると、自分を含めた人間というものの存在の小ささを思い知らされる。時間や小事にあくせくしている僕達に、本当の生き方とはなんなのかということを小さな石仏群は教えてくれている気がするのだ。


真念庵 御堂前の八十八の御本尊石仏1真念庵 御堂前の八十八の御本尊2







【御堂前に並ぶ八十八霊場の御本尊の石仏群】



 八十八の石仏群の他にも、御堂のまわりには無数の石仏(やはり石に仏の御姿を刻んだもの)や墓石が並んでいる。整然と並んでいるわけではない。時代が進むにつれ、空いている場所に少しずつ建てられていったのではないか。八十八の石仏群と同様に永い時間をこの場所で生きてきたのだろう。やはり所々損傷していたり、苔がこびり付いたりしている。ところで、先程から「生きてきた」という表現を使うのは、古い石の遺物に対して、とてつもない霊気のようなものを感じたからだ。僕は霊感などとは全く無縁の人間だが、なにかしらの気というか力というか、そんなものを古い遺物が発しているような気がしたのだ。例えば、山などで出会ったりする古い大木などが漂わせている言葉にできないようなオーラのようなもの…。それに似ているといえばいいだろうか。しかし、人為的に作られた遺物だけに植物の放つものよりも、より濃厚なものを放っているように思える。丁石を見たときに感じた「魂」というか、エネルギーのようなものを感じるのである。(ちなみに僕は宇宙のパワーがどうたらこうたらいった宗教団体のようなものとは何の縁も無いし興味もない。遺物がもつパワーを感じるのは動物的な本能の仕業としか言いようが無い…。)

 それにしても、墓石の数が多いのが気になった。その殆どは昔の遍路人のものであろう。足摺岬を目指す途上で力尽き、無念の思いでこの地で命を落とされたお遍路さんも多くいたことだろう。今でこそ、この市野瀬の地には新伊豆田トンネルが開通しており通行にはさして大きな苦労もないが、トンネルや国道が無かった昔は間崎から津蔵渕の一帯は難所つづきだったにちがいない。自らの限界と闘いながら難所を越え、やっとの思いで辿り着いた真念庵で大きく体調を崩され重い病にかかられて落命されたお遍路さんも沢山いらっしゃったと思う。


御堂横の景色





【 御堂の傍には遍路墓が並ぶ(画面左端) 】



 多くの墓石が立ち並ぶ景色を見ていると、ある光景が頭に蘇る。室戸市佐喜浜町の佛海庵でみた景色だ。庵の向かい側には、やはり多くの墓石が建てられていた。庵を建立した佛海上人(1700〜1769)は真念法師よりも後世の人物だが、生涯を通じて残された多くの業績は真念法師のものと極めて似ている。通行が困難だった室戸岬への道筋に庵を建立され遍路人の救済に精力を注がれた御遺業は真念法師の精神を受け継ぐものであっただろうし、真言宗の「済世利人」の教えを具現化したものであった。佛海庵で見かけた墓石もやはり殆どが遍路人のものではなかったかと思われるが、地元住民の中には上人の信者も多かったということだから、そういった方々の墓石も少なくはなかっただろう。
 真念庵も佛海庵も永い時間の中で多くのお遍路さんを看取ってきた。2つの庵の墓石群を見て感じることは、「安らぎ」だ。これは僕の個人的な感じ方なので、批判されても仕方がないかもしれない。庵で亡くなった方々が果たして「安らぎ」を得ていたかは当の本人でしかわからないところではあるし、なにしろ遠い昔のことなのだ。安楽な現代社会で生きている僕のような一遍路が推し量れるような問題ではないことは承知している。ただ、庵で亡くなられたということは誰かに看取られて亡くなられたということで、決して孤独な死を迎えられたわけではないと思う。険しい山道などで行き倒れになられた遍路人の境遇を考えると、庵で亡くなられた方には「安らぎ」があったのではないかと思わざるをえない(そうであってほしいという思いを込めて…)。
 真念庵の墓石群は「安らぎ」の心で僕達参拝者を温かく迎えてくれている気がした。この真念庵には穏やかでどこか安堵感をおぼえるというのか・・・、満ち足りた空気が漂っている。それはこの空間の地下に眠る遍路人の想いがそんな空気を作り出しているのかもしれないし、庵を創設された真念法師の心が今なお息づいているせいかもしれない。
 ひとしきり庵の空気を満喫した後で、御堂の前に立ち、参拝を始める。

 般若心経を唱える声がいつもよりも少し緊張気味なのが自分でもわかる。何故だろうか?周りには誰ひとりいないはずなのに。誰も僕の声など聞いてはいないはずなのに。

 いや…。やはり、しっかりと聞かれている。墓石の下で眠る全ての人達から…。時は流れたが、かつての自分達と同じ道を歩む現代の遍路の姿を温かく見守って下さっているにちがいないのだ。御堂に対して読経しているつもりだったが、いつしか、庵に存在する全てのものに対して読経していた。誰もいない空間。その中でただ一人、真念庵というものに向き合えた。一人であったがゆえに、周囲のものに対しての感覚が研ぎ澄まされたのだろう。石仏や墓石が発する言葉にできないようなもの、御堂の佇まい、漂う空気、庵を取り巻く木々の息づかい・・・。全てのものと語り合えたような気がした。往年の真念庵が果たしてどのようなものであったか…。今の真念庵の景色や空気からはそれを嗅ぎ取るものは無かった。「なにかを嗅ぎ取れれば…。」というのが目的ではあったが、まだまだ未熟な自分には到底無理な目的だったのだと観念する他はない。しかし、「今の真念庵」を充分心で感じることができたのは、なによりの収穫だったと思う。当初の目的以上の収穫だったと…。


 参拝を終え、少しの間また周囲をぼんやりと眺めていたが、残念ながらいつまでもそうしているわけにもいかなかった。出発しなければならない。庵と別れを告げるときがきた。

 荷物を背負い金剛杖を手にすると御堂の前に立って一礼した。

 縁があれば、また参ります。いや、必ずいつの日かまた訪れます…。頭を下げながら御堂の中の御大師様にそう誓った。



(追記)
 この記事を載せるにあたって、ついでながら真念庵について色々調べた。まず御堂についてだが、名称を地蔵大師堂といい、御本尊は地蔵菩薩である。現在は堂の中央に大師像、その脇に地蔵菩薩像が安置されている。記録には、「真念法師高野山から等身の大師像を背負いて当庵に来て」という記述が残っているというところから考えれば、御本尊が地蔵菩薩という形をとられてはいるけれども、やはり創建当時から大師像を中央に安置していたのではないかという素朴な疑問も感じる。そのあたりの事情に詳しい資料に自分は未だめぐり合っていないので詳細は今のところは不明である。
 真念法師によって庵が建立されたのは、「土佐国堂記録抄録」という土佐の国の古い文献に『同村地蔵・大師 天和二壬戌年、大阪寺島真念、願を以って四国辺路の為に建立す。足摺山参詣の宿所なり。真念庵と号す』という記述があることから、天和2年(1682年)という説があるようだ。しかしながら、寛永15年(1638年)に賢明という僧侶が記した「空性法親王四国霊場御巡礼記」という書物には『真念庵の、左右別れる道の所にあり』という文言があり、既に寛永期には真念庵が建立されていたことが窺われる。更には、承応2年(1653年)に澄禅という僧侶によって書かれた「四国遍路日記」の中には真念庵という名称を載せているわけではないが、『一ノ瀬と云(イウ)所二至ル…… 然バ荷俵ヲ一ノ瀬二置テ足摺山ヘ行(ユク)也』という記述がある。寛永期に建立されたという説が少し有力な気もしないではないが、土佐の文献にはっきりと「天和二壬戌年」と明記されていることから、結局のところ、どちらの説が正しいのかという議論が今なおつづいているらしい。(天和期の建立については、「再建された」という解釈で捉える説もあるらしい。その説に従って考えた場合、寛永15年と天和2年は44年もの隔たりがあることから、真念法師はかなり御長命だったようだ。生年についての記録が残っていないため、正確な御享年はわからないが、没年については香川県牟礼町の洲崎寺の供養塔に「元禄六年」と刻まれていることから、その前年あたりだったのではないかということである。)

 澄禅の「四国遍路日記」の記述にもあるように、真念庵は宿所や救済所としての役割だけではなく、足摺岬から打ち戻って三原村を経由し延光寺・篠山詣でへ向かうお遍路さんのための「荷物預かり所」という役割も担っていたようである。昔から遍路人の間では「一度目は真念庵に打戻り、2度目からは月山神社を拝すべし」といわれていたようで、要するに遍路初心者は体力的にもきついだろうから真念庵で荷物を預かってもらって、身軽な状態で足摺岬を目指し、また一ノ瀬に打ち戻ってくればいい。そこから延光寺を目指せばよいと。でも2度目からは打戻りなしで月山詣でをしなさいよ、ということらしい。ともかく、真念庵は足摺の地を行くお遍路さんには便利な中継所として大変有難い存在だったらしい。ちなみに現在の真念庵の御堂は通夜堂として、特に歩き遍路を中心に宿泊所として利用されている。(僕も生涯で一度は泊まってみたいという願望はあるが、未だ修行の足りない小心者なので、実際には泊まる度胸がないというのが正直なところである…。)

 難病治癒の逸話が多く残っていることから、霊験あらたかな霊場としても真念庵は昔から遍路人の信仰を集めていたようである。庵に辿りついただけで目の見えぬ人が見えるようになった話、また脚を患い歩くことのみならず立つことすら叶わなかった人が立てるようになった話など、奇跡にまつわる記録が数多く残っているそうである。
 御堂の軒に木製の輪がいくつか吊るしてあるのだが、これは昔脚の不自由なお遍路さんが使っていた車の車輪だそうで、庵において脚の病気が平癒したことから奉納されたものだそうだ。また車輪だけではなく車そのものを(いざり車というらしい)奉納されたお遍路さんも多くいらっしゃったそうである。
 

真念庵 御堂の軒に掛けられた車輪





『御堂正面の軒に吊るされた木製の車輪。真念庵を訪れた時には、これがなんなのか疑問に思ったものだが、それっきりになってしまった。今にして思えばもっとよく見ておくべきだったと後悔している。資料によれば戦前の時代には、いざり車がまるごと数十台奉納されていたということだ。』


参考文献 : 「へんろ功徳記と巡拝習俗」 浅井證善著 朱鷺書房
参考サイト: 旧稿・四国辺地 http://www2.ocn.ne.jp/~e-kiyo/shikokuheji.htm